Profile

佐藤寛子 Hiroko Sato

Author:佐藤寛子 Hiroko Sato
ハワイ在住。パプアニューギニアの西ニューブリテン島の言語を研究中
好きなこと:自然の中にいること。探検。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

トリプラー陸軍病院 (Tripler Army Medical Center)

ホノルル空港から高速に乗ったところで左手に見えるのが、こちらのピンクの建物。こちらは、トリプラー陸軍病院で、所謂軍の病院。
20050280_10154853761842399_1433814348_o.jpg

彼君に、前々からここのカフェテリアでお昼を食べようよーと誘われていて、ついに今日実現。まーなんで、一緒に病院のカフェテリアに行きたがるかわからないけれど。。。

ロイヤルハワイアンカラーの病院。この色には、色々な説があるけれど、有力な説として、病院が作られた際の、トップの一人である軍人さんの奥さんが毎週ロイヤルハワイアンで食事をしていて、そこのピンク色が好きだったとか。ちなみに、この病院はハワイ王朝とは関係ないよ。
19911811_10154853761872399_578164029_o.jpg

こちらカフェテリア
20048968_10154853761867399_1027358138_o.jpg

ブッフェ式。サラダバーは、サラダは重さで購入。
20050369_10154853761907399_1787983216_o.jpg

ハンバーガーコーナー
20050020_10154853761847399_233008007_o.jpg

そして、メインコーナー。本日のメインは3種類。魚のフライ、チキンにハムとチーズが乗ったもの、牛を長時間煮込んだもの。
20050040_10154853761902399_1886792356_o.jpg

で、こちらをセレクト。本日のスープはケールスープ。
20048984_10154853761927399_402968975_o.jpg

割と美味しかったけれど、一言でいうならザアメリカン。お肉たっぷり、味こってり。彼君曰く、病院のカフェテリアだから味薄めというけれど、いやいやこってりすぎる

食事の後は、最上階にあるベランダに行き、こちらの景色を堪能する。
20107713_10154853779462399_35422705_o.jpg

19885588_10154853779447399_245410210_o.jpg

皆さんも、機会があれば行ってみてください。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

マチュピチュ村からマチュピチュへ (from Aguas Calientes to Machu Picchu)

こちら、ホテルの前の景色。
IMG_2602 copy

私たちは2日間マチュピチュに行く予定だったので、とりあえず初日はゆっくり目の朝。ここからマチュピチュまではバスか歩き。バスだと登り坂30分くらいということで、もちろんバスで。

バスのピークが過ぎていたみたいで、9時過ぎにバス停に行ったら、誰も並んでいなかったよ。

バス道はくねくねとした登り坂。日光のいろは坂みたいだったよ。そして、どんどん上がる。景色は山、山、山、山、。山以外何も見えない素晴らしい自然の景色
IMG_2621 copy

IMG_2625 copy

IMG_2626 copy

IMG_2825 copy

より情報1。アグアスカリアンテスは日本の温泉村みたいだったよ。この村の初代村長さんは日本人の野内与吉氏だったらしいペルー鉄道で働き、その後村長さんになったんだって。ちなみに、アグアスカリアンテスとは「熱い水(お湯)」ということで、温泉が出ているんだって私たちは、時間の関係で入れなかったけれど、疲れた後の温泉はいいね。

より情報2。バスのチケットは事前にかったほうがいいみたい。そのほうが、当日は直接バス停にいけるので便利。バスのチケットはクスコかアグアスカリアンテスで買えます。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

マチュピチュ村 (Aguas Calientes)〜到着

インカ鉄道に乗って出発。
IMG_2588 copy

これぞ、世界の車窓からの世界だーと心弾む。
IMG_2590 copy

が、雨が降り出し、さらに日も暮れ、ほぼ見れなかった。残念

オリャンタイタンボから約1時間半でアグアスカリエンテスに到着
こちら駅前の小さい噴水。時間によって色が変わるよ。
IMG_2592 copy

IMG_2593 copy

もう、暗くなっていたので、とりあえず夕食を食べて。こちらはToto's house (Tripadvisor)川沿いで景色がいいと評判らしいが、暗くてほぼ見えず。。。

私は、またアルパカ
IMG_2594 copy

彼君もアルパカとココナッツライス
IMG_2595.jpg

夕食後はぶらぶらして
IMG_2599 copy

ホテルに行きました。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

携帯ショップのお兄さん

今日、用事がありとある携帯ショップへ。担当してくれたお兄さんと仲良くなり、ちょっとおしゃべり。小柄で優しそうなお兄さん(いわゆるごつ系ではない)。

お兄さん「日本に行きたいんだ。一番行って見たい場所は樹海。樹海でハイキングしたい。」

じゅ、樹海ですかぁ

とりあえず、樹海はコンパスなど使えないらしいので、迷子になったら大変みたいだよと伝える。

お兄さん「じゃー少し樹海に入って、写真を撮るだけでいい」

樹海で写真

今まで、日本に行きたい外国人にたくさんあったけれど、樹海に行きたい人は初めて

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

インカ鉄道 (Inca rail)

マチュピチュへは、ペルー鉄道かインカ鉄道にてマチュピチュの玄関口アグアスカリエンテスへ。

値段はそれほど変わらないみたいだけれど、ペルー鉄道の方が軽食が付いていたりパフォーマンスがあったりとサービスがいいみたい。でも、私たちは、時間の都合でインカ鉄道。

列車が入ってくる前なんか緊張するぅ。

で入ってきたよ。
IMG_2580 copy

IMG_2585 copy

電車を見ないで育った彼君は、電車が珍しのか、電車を待っている時いつも線路に顔を出すんだよね。あっぶないあっぶない前に、日本では、「白線の内側にお入りください」って注意されていた

より情報列車編:ペルー鉄道もインカ鉄道もオンラインでチケットの購入が可能。でも、これで終わりじゃないよ。その場合、クスコに付いたら、それぞれの窓口に行って座席のチケットを受け取るのをお忘れなく。その際、オンラインで決済したクレジットカードを提示しないとダメなので、こちらもお忘れなく。

さー、待ちに待ったマチュピチュだ!!!

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| HOME |


Previous page «  HOME  » Next page