ベベリの家族

さて、2014年から始めたベベリの研究。基本的に、調査中は村でホームステイします。ということで、ベベリの家族の紹介

まずは、ギルおばあちゃん。このおばあちゃんは、私の言語の先生でもあり推定年齢は85−90歳驚くほど、しっかりしていて驚くほど記憶力がいい。2013年までは、一人で山に行って畑を耕していたとか。でも、今は、目がほとんど見えず、歯も全くなくなんだけれど、とにかく元気で前向き。言語だけでなく、人生についても学ばせてもらってます。人生の師です

そして、一家のお父さんエリアス。エリアスはとっても穏やかでとにかく家族想い(ニューギニアでは珍しい?!)エリアスは、村の大工さんで誰もが信頼しています。そう、とっても信頼できる人私が何か頼むと絶対やっておいてくれる。とっても几帳面なエリアスが好きです

エリアスの奥さんのステラもーステラのことは何をどう書いていいかわからないくらい言いたいことがある。とりあえず、まず、私の親友。生まれた国も育った環境も違うのに、価値観が同じで、考えていることが同じ。しかも、同じ時に同じことを考えているこれこそ、と行ったらとわかる。とにかく、人生、仕事、恋愛とたくさんのことを話して共有してきた親友。まーかわいそうに、ステラの子供はステラに怒られ、私に泣きついても結局同じこと言われているよね(笑)逃げ場がない。

エリアスとステラの長女エリザベス。通称リサ。リサは17歳。で、私が知っている10代の子で一番素晴らしい。なぜって、まず誰よりも早く起き、火を起こし、ご飯を炊き、その間家の周りを掃いて掃除し、ご飯食べて学校へ。帰ってきたら、家の周りを掃除し、水を汲みに。村には水がないので一度山の外に行かないといけないのに、毎日30リットル近い水を担いて山を登り村に帰って、それから妹たちの面倒を見る。いやーすごい。そして、この親にしてこの子。本当に責任感が強く、信頼できる。すんばらしい10代です。

次女ドリーン。14歳。まーいわゆる反抗期。親の言うこと全く聞かない。学校から帰ってきたら、遊んで遊んで、親に怒られたら隠れて。私がいる間に何度家出して、近所の家や親戚に家に泊まりに行っていたかでも、本当に心優しいいい子なのです。今だけね。

三女フローレンス。4歳。まー可愛い。本当に可愛いし、頭がいい。この歳にして気を使うし。養子にしたいくらいおばちゃんはメロメロです

末っ子ジェラード。通称エネブス。待望の男の子現在1歳8ヶ月。まー頭がいいこと。生後6ヶ月で、手を振ってバイバイすることを覚え、1歳前には走り出し、1歳2ヶ月にして自分のことは自分でしようとする。で、私にも指をさして、どこに座るか指図する。そうそう、朝、エネブスに挨拶すると、挨拶して、そのあと、グルーっと周りを見回して、挨拶していない姉妹に指をさして、私に挨拶するように指示する。なんとも、すでに大人です

まだまだ色々とあるけれど、まずは自己紹介ここまで。
IMG_1120 copy

IMG_1068 copy

DSC00182 copy

| HOME | ホノルルマラソン >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME