ひろことHIROKO (double Hiroko)

改めまして、私の名前はサトウヒロコです。そして、コーヴェの村には、サトウ君とヒロコちゃんという子供がいて、二人足してサトウヒロコです

ということで、今日はヒロコちゃんの紹介です

ヒロコちゃんは、カポの村に住んでいる11歳か12歳の女の子です私が、初めてカポ村に行ったのは2001年の10月の終わり、そして2回目に行ったのは2002年の4月下旬で、ヒロコちゃんとその間のいつかに産まれたのですヒロコちゃんの両親に聞いてもいつ産まれたか分からないので、とりあえず、この6ヶ月間のうちのいつかに産まれたのです(恐らく、2001年の11月頃だと思いますが)

赤ちゃんにヒロコという名前を村の人が付けたのは知りませんでした2002年4月に村に戻った際、「ヒロコだよ」って紹介されたんですそれも、ニックネームではなく、本名になっています。やはり、私の初めての滞在は村の人にも衝撃だったらしく、私の名前から名付けたらしい。

ほとんど会うことはないですが、やっぱり、ヒロコちゃんのことは人一倍気がかりです普段は無口な女の子とってもシャイですでも、私がカポにいる際には、ずっーと一緒にいますが、これが、ちょっとややこし。だれかが、「ヒロコ」って呼ぶたびに、二人とも振り向くからでも、実は、私の名前は「ヒロコ」ではないんです。村での名前があるので、誰も、私を「ヒロコ」とは言わないのですが、やっぱり、「ヒロコ」って言われると、振り向いてしまいます

ヒロコちゃんのお父さんのメンズハウスはシカではないので、私の家とはちょっと離れている所にありますが、ヒロコちゃんのお母さんの実家はシカなので、ヒロコちゃんのお母さん方の親戚と私は繋がっていますそして、ヒロコちゃんのお母さんは、私がカポに行くたびに、おいしい貝を大量に取ってきてくれるんです

いつか、ヒロコちゃんを引き取るかいい学校に行かせるようにしたいなぁ、と夢を抱いています

There are two kids: one whose name is Sato, and another one whose name is Hiroko. That is, two kids make me (Hiroko Sato) I'll introduce Hiroko today.

Hiroko, a girl in Kapo village, is a possible either 11 or 12 years old. Even her parents don't know her birthday, but she was born between 2001 October (my first visit) and 2002 April (my second visit). She was born after I left Kapo in 2001, and village people gave named her Hiroko, which I didn't know until I went back in 2002

Whenever I am in Kapo, she always stays beside meHowever, it is sometime confusing. When someone calls "Hiroko", both Hirokos respond In fact, my name in Kove is not Hiroko, so noone calls me Hiroko, but yet, being called Hiroko is natural for me

Although I can't see her much, I do care about her. I am concerns with her education and futureIt is my dream to adopt her or give her good education

赤ちゃんの時にヒロコちゃん (Baby Hiroko)
little Hiroko

IMG_6031.jpg

<< 走る手羽先 (flying chicken wings) | HOME | アニーとの別れ(good bye Annie) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME