アニーとの別れ(good bye Annie)

12月から愛娘アニーについて何度か書いてきましたが、ついに来ました、アニーとの別れ以前に関しては、こちらをどうぞ
アニー別れの予感

驚かせまいと、出発日を伝え、事情を説明していた私。そして、最後の一週間は沢山遊んだ私たち。それを分かってか分からずかアニーは。。。

出発の朝、起床後、いつものように、外にでて、トイレをすませ、顔を洗っていたのですが、何か違うそう、アニーの飛び蹴り挨拶がないのですアニーは、どこ?って、5歩くらい離れたところから、うつむきかげんで、私を見ている明らかに私をみているのですが、下を向いているこんな朝は初めてでした。荷物もまだ、外に出していなく、普段通りの朝なのに、いかにも、私の出発を知っているかの様子でしたそして、その日は、朝食の時も、私のところにくっついてくることなく、少し離れた所から私を見ていましたやっぱり、分かっているんだね

そして、ついに出発の準備。荷物を砂浜に運び、ポートに乗せる作業。荷物を家から運び出す際には、アニーは、そっと、私のところに来て、ずっと一緒にいました家族がボートの準備をして、荷物を乗せている間、私は、砂浜で立っていたのですが、なんと、アニーも、ずっーーーーと私の横にいましたアニーは、犬なのに、うろちょろすることなく、じっーと他の犬が、「遊ぼう」ってちょっかい出してきたら、「ゔー」と吠えていましたいかにも、「じゃまするな」って言った感じで。

そして、ついに私はボートへ。アニー!!と大声で叫びながら

普段ボートでどこか行く時は、アニーは、砂浜で他の犬と遊んで私たちに見向きもしないか、はたまた、ボートを追いかけて海に入ってくるのですが、なんと、なんと、この日は違いました

動かず、ずっーーーーとボートを見ていますそして、ボートが岸を離れても、直立不動お互いが見えなくなるまで、アニーは、不動最後の最後までずっと見送ってくれましたその姿は、まさに忠犬アニーですそして、私は、アニーと叫び号泣アニーの姿を見た、家族も号泣ニューギニアでは、ペットとの習慣がないので、動物を愛し泣くことはないのですが、こればかりは、ルク叔父さんも号泣

きっと、アニーは、別れを理解していたんだと思います。そして、最後に忠誠心を見せてくれました今でも、最後のアニーの姿をみると私は泣いてしまいます

文化も生活も違う異国の地で、アニーは本当に私の心の支えになってくれました本当に一生アニーと一緒にいたいのですが。調査でコーヴェの村に行ったのですが、かけがえのない家族と出会うことができましたいつかまた会えたら。。。

Finally, the day came. I had to leave Annie, since Annie is a "village" dog, and she can't fit into a modern life(This is the previous story Annie:rest of our time)

I kept telling her about my departure. I am not sure if she understood it or not, but I got interesting experience

In the morning of my departure, as usual, I went out from the house to go to a restroom as well as washing face etc. However, Annie, who always came to me and gave a greeting, did not come. She was standing a few steps in front of me, but never got closer. Moreover, she looked very sad and looked down to the ground

During my breakfast, she never got closer to me, which was very unusualFinally, I started to bring my stuff to a beach and the family started to get ready for a boat. She now came to and stayed beside meWhen I was standing and waiting for the family to get ready, she was also standing and never movedShe is a DOGEven other dogs tried to play with her, she barked and ignored themJust stayed beside me

I said good bye to her and got into a boatShe NEVER NEVER NEVER moved and just stayed where we wereUsually, whenever we went somewhere, she played with other dogs, or jumped into the sea and followed us. However, she did NOT move at all, and saw me off until we could not see each otherShe showed her sincerity, which I never forget

I did not expect to have much an amazing experience with her during my fieldworkI was mentally supported by her a lotI probably won't see her again, but I never forget my life and experience with her

IMG_20.jpg

319532_10150275196117399_2895484_n.jpg

310382_10150275196152399_8056369_n.jpg

<< ひろことHIROKO (double Hiroko) | HOME | 満月の夜とメンズハウスと私 (fullmoon, men's house and me) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME