アニー:別れの予感 (Annie: rest of our time)

久しぶりに愛娘アニー話しです。前回は
誕生(birth)
再会(reunion)
生活(daily life)
思春期(boyfriends)
性格(peronality)

と書きました。今回は、アニーとの残りの時間についてです

犬であっても人のようにアニーを扱ってきて私は、動物にも感情があると思い、常にアニーに語っていたことがあります。それは、私は、コーヴェの人間ではないこと私の出身と生活居住地は遠い外国であることを常に話していましたそして、「ごめんね。どうしても連れて行くことはできないから、いつかは離ればなれになり、一生会えなくなる」って「でも、とっても愛しているんだよぉー」って毎日話していました。

急に私がいなくなって、悲しい思いだけはせめてさせたくないと思い、「後何日一緒にいられるか」って言うことも伝えていましたそして、残り1ヶ月を切ってからはカウントダウンでも、出来るだけ一緒にいてたくさん遊びました

そして、心の中ではいつも、「本当にごめんね。私の勝手な思いで引き取って、最後まで面倒が見れなくてでも、わたしには、最高の出会いと最高の時間だよ。ありがとう」って言っていました 続く

Since I treated Annie as human, I kept explaining my situation that I was not from in Kove and had to leave her forever. I did not want to leave her without saying anything and to hurt herI told her how many days left every dayI spent and enjoyed our times as much as possible, but our last day was getting closer and closer

IMG_0093.jpg

IMG_0597.jpg
アニーおすまししている。。。

<< アニー:言語能力(Annie: Linguistic experiments) | HOME | お粥 (Soup rice) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME