コーヴェのクリスマス(Christmas in Kove)

今日は、ハワイはクリスマスイブですが、パプアニューギニアはもうクリスマスです。そこで、今日は、村のクリスマスの紹介です

19世紀後半にドイツがニューギニア領を支配したのを皮切りに、宣教師が来訪しキリスト教が広まり、今では、国の96%がキリスト教徒ですニューギニアの村は、昔からの信仰を保ちつつ、多く村人がキリスト教徒です。私の村のカポもヌーも98%ほどがキリスト教徒です。そのうち95%がカトリックで残りがSDA(Seven days advantist)です。そのため、クリスマスは村の大切な行事です

村のクリスマスはシンプルです。プレゼント交換や豪華な食事はなく、クリスマスミサがあるのみ。コーヴェのそれぞれの村には教会がありますクリスマスミサは、神父さんがそれぞれの村に出向きミサを行います。なので、ミサの時間は村ごとにより違います

2010年のクリスマスはヌー村に迎えました。ヌー村でのミサの時間は深夜の12時そのため、私は、8時頃に眠ることにして、ミサが始まる直前にアグネス叔母さんに起こしてもらうことにしました12時過ぎに目を覚ますと、ミサが始まっている気配はなく、まぁ、眠かったので、引き続き寝ましたと、しばらくして、アグネス叔母さんの声が聞こえました。「ドンガ(私の名前)、ミサに行くけれど行く?」ついに、ミサ!と私は飛び起きて、服に着替え、時計を見たら、夜中の3時過ぎ聞くところよると、牧師さんの乗った船が故障して、ヌー村への到着が遅れたそうですうーん、夜中の3時のミサって。。。

コーヴェでのクリスマスミサはユニークです伝統文化との融合らしく、ところどころで、コーヴェのお祭りで使われる衣装を着た女性達が、踊りますまた、音楽の楽器も、伝統の楽器、クンドゥというドラムが使われます1時間半のミサが終わり、4時半ころ家に帰り、一寝入りそれから、また8時のミサに参加しました

The majority of Kove community is Christian, and so they celebrate Christmas. I celebrated Christmas of 2010 in Nut, Kove. The Christmas Mass started around 3am because a boat on which a pastor was broke on the way to comeThe Christianity in Kove is combined with their traditional culture Some people dress up in traditional clothes and dance. Also, some guys play a traditional drum, Kundu.

クンドゥ(Kundu)
IMG_6791.jpg

正装したアグネス叔母さんと私(Anty Agunes and me in a formal dress)
IMG_6792.jpg


<< メリークリスマス(Merry Christmas) | HOME | アニー:性格(Annie: personality) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME