ロベル博士 (Dr. Lobel)

ちょっと、アニーから外れて。。。

先日、大学の友人の博士論文の口述試験がありましたこの口述試験は、博士課程の中で最大のイベントです。国や大学により異なりますが、ハワイでは、事前に提出した論文に対して、最低5人の審査員(先生)からの質問に答えなくてはいけません試験時間は3時間。質問攻めに遭いますそして、論文及び口述試験に基づいて、合格不合格が決められます。

私の友人ジェーソンは、1999年からフィリピンの言語を中心に研究しています。調査地は、フィリピン、インドネシア、マレーシアそしてブルネイ。そして、調査した言語の数は、な、な、なんと250言語ほど1つ1つのコミュニティーを訪れて、語彙や文を収集し、言語の関係性を調べています簡単そうに聞こえますが、これが大変な作業1言語につき、約1000語の語彙と537文を収集しています。ジェイソンが書いた論文は、通常の2倍の以上の量、438ページにも及びました。そして、ジェイソンが収集した言語は、オーストロネシア諸語でコーヴェ語とつながっているんですよ(詳細はこちらいくつの言葉?

さて、ジェイソンが調査した言語の多くは、話者の数が少ない、少数話者の言語です。その中には、話者数が10人以下という言語がいくつかありますつまりは、その話者が亡くなると言語、文化、伝統全てが消滅するのですそのため、ジェイソンのデーターは、最初で最後のデーターで貴重なものなのです

晴れてロベル博士になったジェイソン。今後どうするか聞きました。「1月にフィリピンに戻り、さらに言語の収集、調査する」そうです

Break from Annie...

My friend, Jason, just completed his dissertation by passing his oral defense, which is the biggest event during a PhD program And he earned a PhD desgreeHe wrote a 438-pages long dissertation, which could be three times as big as a regular dissertation

His research as well as his dissertation is very admirableHe has worked on about 250 Austronesian languages spoken in the Philippines, Sulawesi and Borneo (They are related to Kove) He visited each community, collected about 1000 words and 537 sentences from each language, and compared them In fact, many of these languages are highly endangered Even some of them have only less than 10 speakersIf a language gets extinct, we lose not only the language information, but also culture, traditional knowledge, scientific information and etc, so his documentary work is very precious

Well, what will he do after his PhD? His answer was "to go to the Philippines and conduct more fieldwork" Congratulations, Jason


IMG_8425.jpg
Jason (Prince of the mountain of Austronesian languages)
His adviser, Dr. Blust (King of the mountain of Austronesian languages)

IMG_8428.jpg

<< アニー:思春期 (Annie: boyfriends) | HOME | アニー:生活 (Annie: daily life) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME