貝のお金 (shellmoney)

石でできたお金などみなさん見たことあると思いますが、コーヴェのお金は貝でできています今日は、貝のお金の紹介です

コーヴェのお金はこちら (shellmoney of Kove)
IMG_0376.jpg

貝殻を小さくして糸に通したものです

主な使い道は、いわゆる「ご祝儀」。コーヴェには結婚式、お葬式、成人式。。。などなど沢山の独自の風習があります(その話しはまた、後ほど)。そこでは、親戚一同が助け合うのですが、その一部が、ご祝儀。式を催す人(父方の親戚に限る)にこの貝のお金を渡します

IMG_0428.jpg

IMG_0435.jpg
(used as rewards)

そして、父方の親戚からお金を受け取った人は、母方の親戚に配ります

このお金、もちろん、手作りそれも、なかなかの重労働

(1)まずは、マングローブに行き、貝を取ります。どの貝でもいいというわけではありませんまた、貝の種類により、価値も違います (2)それを小さく切り、穴を開け、糸を通して、またまた小さくします。(3)ヤスリでひたすら擦り丸くします。何日も何日も。。。

DSC00072.jpg

IMG_0301.jpg

ご祝儀以外にも、お金として使えます。1連でバスケット一杯のお芋(または500グラムのお米)が買えますまた、価値のあるもとして扱われていて、何かの折りには(例えば、謝罪や送別など)、あげ合います さらに、最近では、ネックレスとしてもアレンジされています。コーヴェの貝のお金のネックレスはかなり評判なんですよ


IMG_0539.jpg

Shellmoney is one of the unique aspects of Kove culture The main use is to give it as a reward in their traditional ceremonies, but also it is used for compensation or any occasion. You can also buy a bag of sweet potatoes or 500 rice bag with one ring. Moreover, it is designed as a necklace nowadays.

Shellmoney, of course, is hand-made It is not easy to make it(1) go to mangrove and pick up the right shells.(2) cut them into small pieces, drill a hole and thread them through a string. (3) cut more and rub them for days and days.

<< 朝の目覚まし(my morning alarm) | HOME | コーヴェの家族 (my family in Kove) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME