Profile

佐藤寛子 Hiroko Sato

Author:佐藤寛子 Hiroko Sato
ハワイ在住。パプアニューギニアの西ニューブリテン島の言語を研究中
好きなこと:自然の中にいること。探検。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

出会いと別れ

パプアニューギニアやハワイでの研究がら人一倍「出会い」というものは多いと思います。本当にたくさんの人と出会い多くの思い出をもらいましたが、その分、別れもとても多いです。何度「別れ」で泣いたこと

パプアニューギニアを出発する度に、「もうこの人たちに一生会うことはないかもしれない」と覚悟して別れの時を迎えます。そして、実際に一生会うことが出来なくなった親しい人たちが何人もいますコーヴェの村の出発する際、キンベの待ちを離れる際、ポートモレスビーで国際線に乗る際、毎回号泣ですそして、泣き虫の私は、出発する数日前から寝床で泣いていますでも、それだけ、彼らとの思い出は大きいものなんです

それは、日本を出発しハワイに帰ってくる際も同じです。日本には、1年に1回帰るか帰らないかで、いつも、日本を出発する際は、今度はいつ戻る分からない状況なので、「もしかしたらもう会えないかもしれない」という思いを覚悟で日本を出発します。なので、家族、親戚との別れは特にとても悲しいですそして、実際に、離れた地で聞く訃報は、言葉では表せない悲しいものです。

パプアニューギニアの家族もそうですが、実は、私の日本の家族はとても親戚付き合いが深いのです。中でも、美と知性に溢れる大叔母には生まれたときから、かわいがってもらい、お世話になり、沢山のことを教えてもらいました小学生の頃、大叔母の家から時折塾に行っていた私に、お弁当と一緒に持たせてもらったストロベリーティーの味は今でも忘れられず、ストロベリーティーは、私にとって特別な紅茶です

今日、アメリカは感謝祭の日です。家族、親戚が集まって、ごちそうとともに先人たちに感謝します。私も、先祖、親戚、家族、友人、みんなに感謝してこの日を過ごします。特に、大叔母に感謝を込めてありがとうございます、ぶーまま

I hate to say “good-bye” Because of my research and life in PNG and Hawaii, I have met many people, but at the same time, I have said “good-bye” with big tears thousands of times It is such a sad moment

I get the same feeling when I visit and leave Japan, especially with my family and relatives, because I often don’t know when I see them next time. I came from a big Japanese family where our relatives are all close to each other. Today is another day when I had to say “good-bye” forever

Thank you for all my ancestors, families, friends and everyone who has supported me, especially much mahalo for “bumama”

Happy Thanksgiving.


<< コーヴェのお父さん達(kinship in Kove) | HOME | 舞踏会 >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME