こぼれ話〜飛行機編1

最近のハワイ、暑いです。でも、そろそろ秋になってしまうので、今のうちにビーチに行かなくては。

さて、前回、パプアニューギニアヘの移動と国内線の乗り方について書きましたが、今回はその失敗談です

前回書いたように、国内線に乗る際には、小さい待ち合い場でボーディングになるまで待ち、それからチケットをカウンターで渡して、飛行場内を歩き、飛行機に乗ります。飛行機の停泊地付近の通路のポールには、確か手書きで書かれた行き先案内が紙があるので、どの飛行機に乗ればいいか分かるようになっています。

さて、今からだいぶ前の話し。たぶん、6年くらい前かな?いつものように、ボーディングを待ち、チケットをカウンターで渡し、いざ、飛行機へ。タラップを登り、フライトアテンダントさんに挨拶して、荷物を上の棚に置き、まさに座ろうとしていた所、空港職員が「ヒロコサトー」と呼ぶではないですか。「私ここですが」。と、「あなたの飛行機これではないですよ」えっーーーーー飛行機は、出発近かったので、とりあえず、荷物を持って、機外へ。いやー他の乗客もういたので、みんなに、見られてちょっと恥ずかしかったさて、話しを聞いてみたら、この飛行機は、ニューアイルランドという全く違う島に行く飛行機でした。そして、私の飛行機は、まだ、ボーディング時間にもなっていませんでしたどっひゃー職員に連れられ、待ち会い場に戻り、私の飛行機がボーディングになるのを待ったのでした。職員さんは、私の渡したチケットを見て、私の飛行機がボーディングになってないことに気がついてくれたんですありがとう

それにしても、あの、空港職員が気がついてくれなかったら、私は、ニューアイルランドで途方に暮れていたでしょう。。。みなさんも、飛行機の乗り間違えには気をつけて下さいね。

I almost took a wrong flight to New Ireland, in stead of New Britain, at Port Moresby Thank goodness, an airport staff noticed and came to my seat just before the departure

<< 西ニューブリテン州 (West New Britain) | HOME | ぱぷあにゅーぎにあってどこ? (Where is Papua New Guinea?) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME