私の村 (my villages)

ひぃー、だいぶご無沙汰してしまいました

今日は、私の村の話し。

私には、2つの村=島というかホームがあります1つはカポ村。カポ村、2001年に初めて訪れた村で、それ以来、ホームです。親戚みんな、おじちゃん、おばちゃん、おにいちゃん、おねえちゃん、みんなカポ村にいます

もう1つは、ヌタナブア村。通称ヌー村。ヌー村は2010年から訪れていて、今では、ヌー村の住民です(これ、ほんと。だって、国勢調査に私は1住民として入っています)ヌー村はカポ村から船で45分くらいのところで、コーヴェの最西端の村です

コーヴェの人々は、強いアイデンティティーを持っています。どこの村出身というのはとても大切なこと元々カポ村にいた私は、、みんなにカポ村出身と思われています(そして、誰も、日本出身とは思わない

カポ村もヌー村も両方大好きですでも、やっぱり、親戚がみんないるカポ村は最高みんなに思いっきり甘えます

カポの男たち (Kapo men)
3156_76350757398_5151409_n.jpg

カポのアンティーと子供たち (Anties and kids in Kapo)
IMG_0415.jpg

ヌーの少年たち (Nut boys)
IMG_6628.jpg

I have two home villages in Kove: Kapo and Nutanovua (Nut). While Kapo is my first village where all my relatives live, Nut is a village where I have visited and stayed since 2010. Everyone in both villages thinks that I am from Kapo (and not from Japan)I am a Kapo woman But I love both villages viva Kove

<< 告知:台湾鍋 | HOME | ハロウィン(Halloween) >>


Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: KAPOについて

ヴォンギヴォンギドコ

連絡をいただきましてありがとうございます。風邪を引いたり、忙ししていて、ブログをちょっとお休みしていたので、お返事するのが遅くなりましてごめんなさい。

以前はWNBの協力隊の方とは仲良くして頂いていたこともあるのですが、最近では、村に引き蘢ることが多く、協力隊の方とお会いするがなかったので、連絡をいただけてとても嬉しいです。そして、なによりも、カポに行かれているということで、驚きと嬉しさで一杯です。初めてなのに、ワントクの気分ですv-353

また、カポに行かれるということなので、もしよろしければ、私からのメッセージをカポの人たちに伝えて頂ければ、大変嬉しいです。それから、もし、みんなからのメッセージを預かって頂ければ、こちらに是非是非書いて下さい。

カポに行かれるにあたって、スティーブンケウに会われましたでしょうか?私がここで、ダディーと呼んでいるお父さんで、キンベの42にいます。スティーブンはカポ出身で、日本で勉強した経験もあるので、もし、まだ会われていないようでしたら、是非連絡してみて下さい。ケウ一家はそれはそれは親切な人たちです。以前(2003年ころ)の協力隊の方もたまに遊びに来てくれていたのですが、私の日本のワントクと言ったら、喜んで、世話をしてくれると思います。

コーヴェを調査するにあたり、大変なこともありましたが、このように、村の一員として受け入れてもらえることは、本当に有り難く、加藤さんから、みんなが私のことを聞いていたと伺ってじーんとくる思いです。

加藤さんも、是非、カポのプロジェクトを楽しんで下さい。メールアドレスを頂いていたのです、メールをお出しします。

ドンガ(コーヴェでの名前です)

こっちにも返事くださってたんですね!気づくの遅れました~

こちらにもレスしてくださってたんですね!
気づくの遅くなってすいませんでした。

以前から協力隊の人間と仲良くしてくださりありがとうございます。そしてカポのこともコーベ族のこともまだ全然わかってないのに、ワントクと思っていただけて、これまた光栄です^^

コーベ出身のオフィサーにスティーブンケウさんについて伺ったところ、有名な方なんですね!残念ながら、まだお逢いできていないんですが、スティーブンさんは俺のことをどこかで見かけられてるかもしれません。連絡先まではわからないということだったので、未だに足を運んだことがないセクション42を探してみますww是非お逢いしてみたいので。スティーブンさんにも宜しくお伝えください。

それではまた書き込ませていただきますね。

バイリ

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME