Profile

佐藤寛子 Hiroko Sato

Author:佐藤寛子 Hiroko Sato
ハワイ在住。パプアニューギニアの西ニューブリテン島の言語を研究中
好きなこと:自然の中にいること。探検。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

オリャンタイタンボ (Ollantaytambo)

インカ帝国の首都であったクスコ。そこからウルバンバ川沿に聖なる谷が広がっており、多くのインカ遺跡が点在。マチュピチュに行く前に、これからインカ遺跡を訪れ予習(?)するのはなかなかいいかも

クスコに滞在し、ツアーに参加する手もあるけれど、私達はあえてオリャンタイタンボに滞在し、そこを拠点に行動。その主な理由は、観光客が多くない小さい街に滞在し、なるべく静かに過ごしたいため。ウルバンバに滞在する人もいるみたいだけれど、オリャンタイタンボに滞在して正解だった街は小さく、のんびりできた。

さて、前日にワラスからリマまで9時間。そして、空港に。そこから、飛行機で1時間強でクスコ。そこからコレクティーボに2時間乗ってオリャンタイタンボかなりの道のりだけれでど、あまりの刺激の多さに疲れも吹っ飛ぶ。

クスコからのコレクティーボは、快適だったよ。不安だったけれど、綺麗だったし、スーツケースもバスの中に置いてくれたし。これで10ソレス(400円くらい)おすすめです。

さて、夕方の6時頃オリャンタイタンボに到着。
IMG_2534 copy

こちらは、夕方のアルマス広場。
IMG_1707(2) copy

宿泊先はJanaxpacha hostel。ここのオーナーもとっても親切だった。ご主人がペルー人で奥さんがアメリカ人。そのため、外国人が何をして何を食べて何を買いたいかっということをよくわかっていて、質問すれば10以上の答えが帰ってくるよさらに、さらに、実は、学生用マチュピチュの入場券を買うのを助けてくれたの。マチュピチュ入場券は、オンラインだと大人用しか買えず、学生用は無理クスコのカウンターで買わないといけないみたい。でも、入場人数限られているしということで、書類をオーナーメールで送ったら、クスコまで行って取りに行ってくれたのありがたい。ありがたい。

もちろん、お部屋もよかったよ。お家って感じ。さらに、キッチンも自由に使わせてもらえたし。ホステルの情報はこちら。
ホステル名:Janaxpacha Hostel
住所:Calle Cienventanas s/n,, Ollantaytambo, Peru
料金:私達はプライベートシャワー付きダブルルームで$32
予約はこちら:Tripadvisor

ハンモックがあるよ
IMG_2884 copy

さて、長旅で疲れが出てきたので、夕食をさっさと食べて、就寝

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

<< タクシー事情 | HOME | クスコ(Cusco) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME