トイレットペーパー (toilet roll)

以前、トイレ事情についてお話ししました(こちらトイレ事情(restroom))

そこで、そんなトイレ事情からの問題です。

お伝えしたように、村人はトイレットペーパーは使いませんさて、どうやってお尻をきれいにするでしょうか?

1。海の中に入る 
2。葉を使う
3。ココナッツの皮を使う

I mentioned that people don't use toilet roll. Guess which one they use, instead of toilet roll: (1) sea water (jumping into the water), (2) leaf, (3) shell of dried coconuts.

正確は。。。全てなのですが、一般的なものは3番の(ドライ)ココナッツの皮です。ココナッツの外側の皮はとっても硬いです。そのとっても硬い皮をはぎ取ります。ここで、普通のココナッツではなくドライココナッツを使います。

Although all of three are correct, the most common item is the shell of a dried coconut. If you strip a hard shell, you find fuzzy stuff. That is the one

IMG_6451.jpg
というのは、ドライココナッツの硬い皮を剥ぎ取ると、
IMG_0565.jpg

中には、皮の裏にはモジャモジャ(大量の糸みたい)のものがあります。
images.jpg(写真は拝借)

そう、これを使うのです

使い心地は。。。ほとんどのものを試しましたが、これだけは試していませんちょっとねぇ。。。


アニー:言語能力(Annie: Linguistic experiments)

アニーには、トクピシン語(ニューギニアの共通語)90%とコーヴェ語10%で話していました別れの時期が迫ったある日、気がついたのです言語学をやっている私がトリリンガル(3カ国語話者)に育てるのを忘れてしまった

そこで、アニーの言語能力を実験。

(1)実験1:言語の認識はできているのか
方法:簡単な日本語で問いかけ。例えば、「おいで」「むこうに行って」「おなかすいた?」など。
結果:全く反応示さず。そこで、その後トクピシン語で同じことを行ってみたら、大正解反応だけでなく、言うことを聞きました。
結論:どうやら、知らない言語には全く反応せず、理解できない

ということで、次の実験
(2)実験2:日本語とトクピシン語はイントネーションが違うため、ただのイントネーションの違いの認識なのかそれとも音を認識しているのか?
方法2−1:他の犬の名前や関係ない名前で呼んでみる。さらに、アニーの名前と関係ない名前を交互に呼ぶ。その際、イントネーションは同じにする。
結果:明らかに反応が違う。自分の名前が呼ばれたら、耳をピーンとたてて、反応するしかし、違う名前が呼ばれたら、反応無しそこで。。。

方法2−1:「アニー」という言葉に似ている言葉で呼んでみる。例えば、「アナー」「アムー」「アネー」「ムニー」など。
結果:実験がばれて、さらに飽きたらしく、何を言っても完全無視そして、上目使いで見てきたしまいには、逃げてしまった

総合結果:アニーは言語を認識できるそれもイントネーションの違いではなく、音として認識できるらしいやっぱり、天才だー(親ばかです)しかし、人間と同様質問し過ぎはいやらしいみなさんのペットはどうですか?

I used to talk to Annie in Tok Pisin (90%) and Kove (10%), so I was curious about her language ability, especially for those which she never heard. So, I conducted linguistic experiments

(1) Experiment 1: Does she show any different reaction between Japanese and Tok Pisin?
Method: Asking a few basic phrases in Japanese first and then Tok Pisin. (e.g. Come here, go over there, are you hungry? etc)
Result: She never responded to my Japanese commands at all. She seemed not to be able to understand Japanese, while she gave perfect responses to Tok Pisin.

(2) Experiment 2: Does she understand just intonation or segments (or sounds)?
Method 2-1: Calling other dog's name or something else. I alternated a random name and her name. Make sure to use similar intonation.
Result: She gave a different reactionHer ears perked up to her name, while she (as well as her ears) didn't respond to random names.

Well...
Method 2-2: Using words that sound very similar to her name like 'anna', 'ammu','anne' or 'munnie'
Result: She got tired of my questions and ignored meThen, she ran away

Findings: She is able to recognize different languagesFurthermore, she can understand segments or sounds However, as with language consultants, don't ask too many questions All what I can say is she is VERY smart (doting parent)

アニー:別れの予感 (Annie: rest of our time)

久しぶりに愛娘アニー話しです。前回は
誕生(birth)
再会(reunion)
生活(daily life)
思春期(boyfriends)
性格(peronality)

と書きました。今回は、アニーとの残りの時間についてです

犬であっても人のようにアニーを扱ってきて私は、動物にも感情があると思い、常にアニーに語っていたことがあります。それは、私は、コーヴェの人間ではないこと私の出身と生活居住地は遠い外国であることを常に話していましたそして、「ごめんね。どうしても連れて行くことはできないから、いつかは離ればなれになり、一生会えなくなる」って「でも、とっても愛しているんだよぉー」って毎日話していました。

急に私がいなくなって、悲しい思いだけはせめてさせたくないと思い、「後何日一緒にいられるか」って言うことも伝えていましたそして、残り1ヶ月を切ってからはカウントダウンでも、出来るだけ一緒にいてたくさん遊びました

そして、心の中ではいつも、「本当にごめんね。私の勝手な思いで引き取って、最後まで面倒が見れなくてでも、わたしには、最高の出会いと最高の時間だよ。ありがとう」って言っていました 続く

Since I treated Annie as human, I kept explaining my situation that I was not from in Kove and had to leave her forever. I did not want to leave her without saying anything and to hurt herI told her how many days left every dayI spent and enjoyed our times as much as possible, but our last day was getting closer and closer

IMG_0093.jpg

IMG_0597.jpg
アニーおすまししている。。。

お粥 (Soup rice)

今日は、ちょっと、胃が痛かったのでお粥を作りました

私の祖母(日本の)はお粥、特に茶粥(ほうじ茶)作りの名人です50年以上の歴史があるらしく、本当に本当においしいです。その祖母から母へとお粥作りは受け継がれ、母のお粥と雑炊はおいしいです(でも、茶粥はまだまだ失礼)お腹が弱い私は、よくお粥や雑炊を食べていたので、自分でもよく作ります祖母から母へ、母から受け継いだお粥や雑炊はパプアニューギニアもで大人気

あるとき、パプアニューギニアの家族7人(私入れて)中、マミーと私以外の5人がひどい胃腸炎になりました(それにしても一番弱い私がなぜならなかったか疑問)何を口に入れてもゲロゲロピーピーなので、私は、お粥を作りましたみんな、お粥を見て、ビックリ顔でも、食べてくれましたそして、なんと、ゲロゲロピーピーも起こさなかったのですそれ以来、お粥のすごさ(?)を知った家族は、誰かが調子が悪くなると、私に作ってーと言ってくれます普段は、役に立たない私も、ここぞとばかり大喜びで作ります

ちなみに、お粥は、家族の中では、「わらわらライス」(warawara rice)と呼ばれています(wara=水)。

うーん、祖母の茶粥が食べたい。。。

My (Japanese) grandmother's soup rice is the best in the word, especially in roasted teaIt has more than 50 years history It is inherited from her to my mother and from my mother to me, though I am not able to make soup rice in roasted tea yet. And my soup rice is popular in PNGI make it when my family member is sick or has stomach flu

Thanks, Grandma, and I am missing your soup rice in roasted tea

黒魔術 (sorcery)

みなさん、昨日、一昨日くらいに報じられたパプアニューギニアでの黒魔術に関わる記事をご覧になられましたでしょか?

かなりショッキングな記事ですある男の子の死は黒魔術によるものとされ、その魔術をかけたとされる女性が無惨な殺され方をしましたあまりにも残酷なので、ここには、詳細は書きませんが。。。興味がある方は、こちら

それにしても、21世紀にもなって、黒魔術とはそんなんです土着の信仰というか考えがまだまだ根強い地域が多いです。特に、医療が乏しい地域では、体調不良や原因不明の死などは魔術のせいにされてしまうんです。このような考えは、山の地域(ハイランド)に多く、あまり、コーヴェを含めた海沿いの地域では見られませんが、でも、たまに話しは聞きますよ例えば、小さい息子さんが2006年に亡くなったお母さんの話しでは、その息子さんは、黒魔術にかけられ死んだ。医者が解剖した結果、胃がなくなっていたっと黒魔術で胃が取られていたらしいそれも、首都ポートモレスビーの医師がそう言ったらしいそっ、そんなばかな

いずれにしても、人のせいにして、リベンジで人を殺すのはよくないですね冷静な判断が必要です。

Have you read a news about a woman burst alive as a witch in PNG recently? What a fearful story?! Well...people in PNG, especially in mountain areas, still believe sorcery, especially if they find something unreasonable for them. I also heard a story from a Kove woman that her 10 years old son died because he got a sorcery. A doctor found out that his stomach was GONEreallyIt happened in 2006Well...at least we should not blame others 
accused witch burned alive


| HOME |


 HOME