Profile

佐藤寛子 Hiroko Sato

Author:佐藤寛子 Hiroko Sato
ハワイ在住。パプアニューギニアの西ニューブリテン島の言語を研究中
好きなこと:自然の中にいること。探検。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

ベベリの家族

さて、2014年から始めたベベリの研究。基本的に、調査中は村でホームステイします。ということで、ベベリの家族の紹介

まずは、ギルおばあちゃん。このおばあちゃんは、私の言語の先生でもあり推定年齢は85−90歳驚くほど、しっかりしていて驚くほど記憶力がいい。2013年までは、一人で山に行って畑を耕していたとか。でも、今は、目がほとんど見えず、歯も全くなくなんだけれど、とにかく元気で前向き。言語だけでなく、人生についても学ばせてもらってます。人生の師です

そして、一家のお父さんエリアス。エリアスはとっても穏やかでとにかく家族想い(ニューギニアでは珍しい?!)エリアスは、村の大工さんで誰もが信頼しています。そう、とっても信頼できる人私が何か頼むと絶対やっておいてくれる。とっても几帳面なエリアスが好きです

エリアスの奥さんのステラもーステラのことは何をどう書いていいかわからないくらい言いたいことがある。とりあえず、まず、私の親友。生まれた国も育った環境も違うのに、価値観が同じで、考えていることが同じ。しかも、同じ時に同じことを考えているこれこそ、と行ったらとわかる。とにかく、人生、仕事、恋愛とたくさんのことを話して共有してきた親友。まーかわいそうに、ステラの子供はステラに怒られ、私に泣きついても結局同じこと言われているよね(笑)逃げ場がない。

エリアスとステラの長女エリザベス。通称リサ。リサは17歳。で、私が知っている10代の子で一番素晴らしい。なぜって、まず誰よりも早く起き、火を起こし、ご飯を炊き、その間家の周りを掃いて掃除し、ご飯食べて学校へ。帰ってきたら、家の周りを掃除し、水を汲みに。村には水がないので一度山の外に行かないといけないのに、毎日30リットル近い水を担いて山を登り村に帰って、それから妹たちの面倒を見る。いやーすごい。そして、この親にしてこの子。本当に責任感が強く、信頼できる。すんばらしい10代です。

次女ドリーン。14歳。まーいわゆる反抗期。親の言うこと全く聞かない。学校から帰ってきたら、遊んで遊んで、親に怒られたら隠れて。私がいる間に何度家出して、近所の家や親戚に家に泊まりに行っていたかでも、本当に心優しいいい子なのです。今だけね。

三女フローレンス。4歳。まー可愛い。本当に可愛いし、頭がいい。この歳にして気を使うし。養子にしたいくらいおばちゃんはメロメロです

末っ子ジェラード。通称エネブス。待望の男の子現在1歳8ヶ月。まー頭がいいこと。生後6ヶ月で、手を振ってバイバイすることを覚え、1歳前には走り出し、1歳2ヶ月にして自分のことは自分でしようとする。で、私にも指をさして、どこに座るか指図する。そうそう、朝、エネブスに挨拶すると、挨拶して、そのあと、グルーっと周りを見回して、挨拶していない姉妹に指をさして、私に挨拶するように指示する。なんとも、すでに大人です

まだまだ色々とあるけれど、まずは自己紹介ここまで。
IMG_1120 copy

IMG_1068 copy

DSC00182 copy

母の日(Mother's day)

今日は母の日なので、改めて私のマミィーを紹介します(以前の家族紹介はこちら家族

マミィーは太陽のような存在ですケウ家にとってはなくてはならない存在みんなマミィーを頼り、みんなマミィーが大好きです。責任感が強く、いつも的確なアドバイスここで少し紹介です。
(Mummy is like the Sun. We need Mummy in Keu family. We all rely on her. She is very responsible and very smart.)

1。マミィー強し (Strong woman)
パプアニューギニアでは女性はとっても弱い立場。意見はもってのほか逆らうことはできませんしかし、マミィーは違います。もちろん意見を言うし、相手が間違っていたら、それが誰であってもきっちりと言います。もちろん、夫婦喧嘩も負けていない。ダディーに一度たたかれそうになったとき、マミィーはダディーをぶっ倒していました(秘密の話)
(Mammy is very strong. She always gives the right opinion, and she does not hesitate arguing, if it is right.)

2。マミィーの思いやり (caring)
私がひどい風邪を引いて、村に行けるかわからなかったとき、マミィーは心配のあまり寝れなかったそうですまた、村への交通手段が見つからず途方に暮れていた時、マミィーはひどい風邪をひいていたのに、交通手段を探すため、徒歩で1時間、コーヴェコミュニティーのもとに一緒に来てくれて、私を連れて行ってくれる人を探してくれました
(She is very caring. When I had a very bad cold and was unsure if I could go to Kove, she couldn't fall asleep. She walked to the Kove community in Kimbe town for 1 hour with me to find transportation to Kove, though she was having Malaria.)

3。マミィーは子供優先 (priority on children)
仕事で疲れているのに、いつも遅くまで話しにつき合ってくれて、とにかくめい一杯時間を割いてくれますそして、今子供達がどういう状況なのか、何か問題はあるのかなど、常に考えてくれます。
(She spends her time as much as possible with her children, including me, even if she is exhausted from her work. I have spent hundreds hours with her)

4。マミィーは平等 (fair)
以前、マミィーがラバウルという違う州に出張に行った際、子供達にお土産を買ってきたのですが、私にも買ってきてくれました働いていてもとても低いお給料なのですが、それでも、私にも買ってきてくれたんですそのマミィーからのプレゼントは今でも私の宝物です。それがこちら。
(When she went for a business trip, she brought some gifts for her children, including METhat is my treasure)

このドレスを買ってきてくれました。マミィーと一緒に。(Me in the dress and mammy)
3156_76352327398_5461338_n.jpg

アニーとの別れ(good bye Annie)

12月から愛娘アニーについて何度か書いてきましたが、ついに来ました、アニーとの別れ以前に関しては、こちらをどうぞ
アニー別れの予感

驚かせまいと、出発日を伝え、事情を説明していた私。そして、最後の一週間は沢山遊んだ私たち。それを分かってか分からずかアニーは。。。

出発の朝、起床後、いつものように、外にでて、トイレをすませ、顔を洗っていたのですが、何か違うそう、アニーの飛び蹴り挨拶がないのですアニーは、どこ?って、5歩くらい離れたところから、うつむきかげんで、私を見ている明らかに私をみているのですが、下を向いているこんな朝は初めてでした。荷物もまだ、外に出していなく、普段通りの朝なのに、いかにも、私の出発を知っているかの様子でしたそして、その日は、朝食の時も、私のところにくっついてくることなく、少し離れた所から私を見ていましたやっぱり、分かっているんだね

そして、ついに出発の準備。荷物を砂浜に運び、ポートに乗せる作業。荷物を家から運び出す際には、アニーは、そっと、私のところに来て、ずっと一緒にいました家族がボートの準備をして、荷物を乗せている間、私は、砂浜で立っていたのですが、なんと、アニーも、ずっーーーーと私の横にいましたアニーは、犬なのに、うろちょろすることなく、じっーと他の犬が、「遊ぼう」ってちょっかい出してきたら、「ゔー」と吠えていましたいかにも、「じゃまするな」って言った感じで。

そして、ついに私はボートへ。アニー!!と大声で叫びながら

普段ボートでどこか行く時は、アニーは、砂浜で他の犬と遊んで私たちに見向きもしないか、はたまた、ボートを追いかけて海に入ってくるのですが、なんと、なんと、この日は違いました

動かず、ずっーーーーとボートを見ていますそして、ボートが岸を離れても、直立不動お互いが見えなくなるまで、アニーは、不動最後の最後までずっと見送ってくれましたその姿は、まさに忠犬アニーですそして、私は、アニーと叫び号泣アニーの姿を見た、家族も号泣ニューギニアでは、ペットとの習慣がないので、動物を愛し泣くことはないのですが、こればかりは、ルク叔父さんも号泣

きっと、アニーは、別れを理解していたんだと思います。そして、最後に忠誠心を見せてくれました今でも、最後のアニーの姿をみると私は泣いてしまいます

文化も生活も違う異国の地で、アニーは本当に私の心の支えになってくれました本当に一生アニーと一緒にいたいのですが。調査でコーヴェの村に行ったのですが、かけがえのない家族と出会うことができましたいつかまた会えたら。。。

Finally, the day came. I had to leave Annie, since Annie is a "village" dog, and she can't fit into a modern life(This is the previous story Annie:rest of our time)

I kept telling her about my departure. I am not sure if she understood it or not, but I got interesting experience

In the morning of my departure, as usual, I went out from the house to go to a restroom as well as washing face etc. However, Annie, who always came to me and gave a greeting, did not come. She was standing a few steps in front of me, but never got closer. Moreover, she looked very sad and looked down to the ground

During my breakfast, she never got closer to me, which was very unusualFinally, I started to bring my stuff to a beach and the family started to get ready for a boat. She now came to and stayed beside meWhen I was standing and waiting for the family to get ready, she was also standing and never movedShe is a DOGEven other dogs tried to play with her, she barked and ignored themJust stayed beside me

I said good bye to her and got into a boatShe NEVER NEVER NEVER moved and just stayed where we wereUsually, whenever we went somewhere, she played with other dogs, or jumped into the sea and followed us. However, she did NOT move at all, and saw me off until we could not see each otherShe showed her sincerity, which I never forget

I did not expect to have much an amazing experience with her during my fieldworkI was mentally supported by her a lotI probably won't see her again, but I never forget my life and experience with her

IMG_20.jpg

319532_10150275196117399_2895484_n.jpg

310382_10150275196152399_8056369_n.jpg

アニー:言語能力(Annie: Linguistic experiments)

アニーには、トクピシン語(ニューギニアの共通語)90%とコーヴェ語10%で話していました別れの時期が迫ったある日、気がついたのです言語学をやっている私がトリリンガル(3カ国語話者)に育てるのを忘れてしまった

そこで、アニーの言語能力を実験。

(1)実験1:言語の認識はできているのか
方法:簡単な日本語で問いかけ。例えば、「おいで」「むこうに行って」「おなかすいた?」など。
結果:全く反応示さず。そこで、その後トクピシン語で同じことを行ってみたら、大正解反応だけでなく、言うことを聞きました。
結論:どうやら、知らない言語には全く反応せず、理解できない

ということで、次の実験
(2)実験2:日本語とトクピシン語はイントネーションが違うため、ただのイントネーションの違いの認識なのかそれとも音を認識しているのか?
方法2−1:他の犬の名前や関係ない名前で呼んでみる。さらに、アニーの名前と関係ない名前を交互に呼ぶ。その際、イントネーションは同じにする。
結果:明らかに反応が違う。自分の名前が呼ばれたら、耳をピーンとたてて、反応するしかし、違う名前が呼ばれたら、反応無しそこで。。。

方法2−1:「アニー」という言葉に似ている言葉で呼んでみる。例えば、「アナー」「アムー」「アネー」「ムニー」など。
結果:実験がばれて、さらに飽きたらしく、何を言っても完全無視そして、上目使いで見てきたしまいには、逃げてしまった

総合結果:アニーは言語を認識できるそれもイントネーションの違いではなく、音として認識できるらしいやっぱり、天才だー(親ばかです)しかし、人間と同様質問し過ぎはいやらしいみなさんのペットはどうですか?

I used to talk to Annie in Tok Pisin (90%) and Kove (10%), so I was curious about her language ability, especially for those which she never heard. So, I conducted linguistic experiments

(1) Experiment 1: Does she show any different reaction between Japanese and Tok Pisin?
Method: Asking a few basic phrases in Japanese first and then Tok Pisin. (e.g. Come here, go over there, are you hungry? etc)
Result: She never responded to my Japanese commands at all. She seemed not to be able to understand Japanese, while she gave perfect responses to Tok Pisin.

(2) Experiment 2: Does she understand just intonation or segments (or sounds)?
Method 2-1: Calling other dog's name or something else. I alternated a random name and her name. Make sure to use similar intonation.
Result: She gave a different reactionHer ears perked up to her name, while she (as well as her ears) didn't respond to random names.

Well...
Method 2-2: Using words that sound very similar to her name like 'anna', 'ammu','anne' or 'munnie'
Result: She got tired of my questions and ignored meThen, she ran away

Findings: She is able to recognize different languagesFurthermore, she can understand segments or sounds However, as with language consultants, don't ask too many questions All what I can say is she is VERY smart (doting parent)

アニー:別れの予感 (Annie: rest of our time)

久しぶりに愛娘アニー話しです。前回は
誕生(birth)
再会(reunion)
生活(daily life)
思春期(boyfriends)
性格(peronality)

と書きました。今回は、アニーとの残りの時間についてです

犬であっても人のようにアニーを扱ってきて私は、動物にも感情があると思い、常にアニーに語っていたことがあります。それは、私は、コーヴェの人間ではないこと私の出身と生活居住地は遠い外国であることを常に話していましたそして、「ごめんね。どうしても連れて行くことはできないから、いつかは離ればなれになり、一生会えなくなる」って「でも、とっても愛しているんだよぉー」って毎日話していました。

急に私がいなくなって、悲しい思いだけはせめてさせたくないと思い、「後何日一緒にいられるか」って言うことも伝えていましたそして、残り1ヶ月を切ってからはカウントダウンでも、出来るだけ一緒にいてたくさん遊びました

そして、心の中ではいつも、「本当にごめんね。私の勝手な思いで引き取って、最後まで面倒が見れなくてでも、わたしには、最高の出会いと最高の時間だよ。ありがとう」って言っていました 続く

Since I treated Annie as human, I kept explaining my situation that I was not from in Kove and had to leave her forever. I did not want to leave her without saying anything and to hurt herI told her how many days left every dayI spent and enjoyed our times as much as possible, but our last day was getting closer and closer

IMG_0093.jpg

IMG_0597.jpg
アニーおすまししている。。。

| HOME |


 HOME  » Next page