Profile

佐藤寛子 Hiroko Sato

Author:佐藤寛子 Hiroko Sato
ハワイ在住。パプアニューギニアの西ニューブリテン島の言語を研究中
好きなこと:自然の中にいること。探検。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

伝統文化継承

クスコで伝統音楽に合わせて踊っている子供達のグループに遭遇
IMG_1785 copy

私は、言語や文化の継承に興味がありそれを仕事にしているのに、こういうものにはとても興味があります。このような原住民の伝統文化が消滅しつつある中、やはり、言語も文化も小さい時から親しみ、学ぶのはとても大切なことだと思います。ここで、ペルーからそれてちょっとパプアニューギニア話に(久しぶり

現在仕事をしているベベリの人たちは(ベベリ情報はこちらからベベリの人たち)、残念ながらベベリ独自の言語文化をほとんど失ってしまいました。つまり、次の世代には継承されておらず、現在50代60代の人たちが最後の世代になると思いますこれって病気と似ているので、気が付いた時にはかなり手遅れなんですなので、ここからどれくらい少しでも長く持つかが大切

多くのユニークなベベリの文化の中でも、ひときわ私が興味を持っているのは、ネンブルという文化ですこれ、説明すると長くなるので、短く言うと、亡くなった村のチーフの骨を掘り起こし、男性の家に飾ると言う儀式もちろん、この儀式はもうされていないです。そして、この儀式で踊られるのがネンブル用の歌と踊り。それを知っているのが、村のおばあちゃんなんです。このおばあちゃんが唯一知っている、いわゆる最後の生き証人この事実を知ってから、私は村の人に、せめて踊りと歌は残すように伝えていたんです。そして、今回、なっなんと

3月にパプアニューギニアに行ってきましたもちろん、ベベリの研究で。ベベリの人たちには、私の来村を伝えていました。そして、なんと私を驚かせる作戦を決行したのですおそらく60年は踊られなかったネンブルを村人たちがおばあちゃんに教えてもらい、密かに練習そして、私が来村する時にネンブルでで迎えると言うもの。もちろん、私は行くまで知りませんでした(と言うことにしているんだけれど、実は前日にスパイ?から聞いていたの笑)。

村にいく当日、前もってまずは「今から行くよ」コールをし、山を登り久しぶりのベベリの村へと、そこで遠くからパプアニューギニアのクンドゥーと言うドラムが聞こえるそして、村の中心に到着すると、伝統儀式用の衣装(つまり葉っぱで体に飾り付け)した人たちが出てきました。そして、その人たちに連れられて、男の家(メンズハウス)に連れられ、私も葉っぱの飾り付けをしてもらいました。
20447257_10154895444212399_218136246_o.jpg

鼻にはイノシシの牙
20250933_10154895444207399_1481793354_o.jpg

そして、みんなでネンブルを踊り
Bebeli.png

お土産のタロイモと床に引くマットをもらい
20446297_10154895444317399_81157190_o.jpg

集合写真
20446320_10154895444347399_897353588_o.jpg

もう一枚。
20446504_10154895444407399_1901371339_o.jpg

何故、私を驚かせようとしたか、何故、ネンブルを練習し踊ったか。それはね、私が言うのも恥ずかしいんですが。。。私の研究へのお礼だったとのことです部外者の私が、自分たちの言語や文化を心配して、記録しているのに自分たちは何もしていない。とっても恥ずかしい。と思ったみたいで、お礼のため、そして、今まで忘れ去られて、私がずっと気にしていたネンブルを復活させようとみんなで話し合ったんだってもちろん、私はそんなお礼なんて期待してもいないし、思っていないのに。こちらの方こそ、仲間に入れてもらえて感謝でいっぱいなのにでも、彼らの思いを見て感じた時に、本当にやっていてよかったと思いました。一人でも多くの人が、後世に自分の文化や言語を残そうとしてくれるだけで、本望です。ありがとうございます。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

クスコ:市場でお昼 (best market lunch)

パプアニューギニア滞在歴が長い私ですが、基本的にマーケットで売っている即席のものは食べないどのように扱われているから知っているせいか、怖くて食べられないのです。食べるとしたら、知っている人が売っているものを食べます意外(?)と気をつけているんですよ。

クスコのマーケットで彼君、お昼を食べようと言い出したまー食べてみようかとも思うけれど、お皿が使い回されていたら嫌だなーとか色々と考えたけれど、ここは冒険をすることに。

ローカルの人が美味しそうに食べているヌードルを食べることにしました。同じようなお店が並んでいるけれど、とりあえず、外国人観光客がいるお店に行くことにしました。それが、こちら。
IMG_3081(1) copy

そして、スープを注文。
IMG_3780 copy


鳥のスープで、鳥がゴロンと入っていた!そして、化学調味料を使っていないであろう、鳥の味が美味しく、さっぱりした味ボリュームたっぷりでとっても美味しいこちらのスープ、なんと6ソレス(200円)

最後のお会計の時に、1ソルのチップを渡したら、お店のおばさん「えっ」と驚いた顔。そして、その後にとっても嬉しそうな笑顔。

このおばさんの笑顔と美味しいヌードルの味は忘れません。そして、もちろんお腹は平気でした。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

クスコ(Cusco):マーケット (Market)

2泊マチュピチュで過ごした後、オリャンタイタンボに戻り一泊した後、クスコへ戻りました。クスコでは、その日の夜行バスに乗る予定だったので、日中だけ楽しみました。そこで、最初に行った場所は、San Pedro市場。

屋内になっていて、売り物によって列が分かれているので、とてもわかりやすかったです。

こちらはチーズ。
IMG_3079(1) copy

魚。
IMG_3080(1) copy

オリーブ。こちらの大量オリーブを彼君は買うと言い出したけれど、こんなに大量いらないし入れる場所もなかったので、彼君の気を背けるのに必死だった。
IMG_3771 copy

で、魚の形をしたチョコレートをゲットした彼君は満足(子供かい!)。
IMG_3782 copy

こちらはアーティチョーク。アーティチョークはキク科の植物でその蕾を食べます。そら豆っぽい味で繊維豊富。私のお気に入りです。アメリカのはとても大きいんだけれど、ペルーで見つけたのは、手のひらに入る大きさの小さなアーティチョーク。
artichoke.png

こちらはフルーツ。これは、Ice cream beanというフルーツで、中のワタっぽいものを食べる。彼君お気に入り。
IMG_3775 copy

こちらは、食べられるほうづき!!昔、よく祖母とこれで遊んで、笛を作ったが懐かしい。私は、不器用で忍耐強くないので、すぐに破れてしまったが。こちらの食べられるほうづきをまず試食させてもらいました。味は、酸っぱいとにかく、酸っぱ位けれど、それが病みつきになる。お店の人に、ビタミン豊富と言われ、いくつか買ってみました。少しで良いと言ったのに、お店の人は親切(?)にも、たくさんくれた。。。
IMG_3106(1) copy

地元の生活を垣間見られるマーケットは大好きで、そこで探す現地の珍しいものは宝探しみたい
こちらのマーケットは、充実していて、とても楽しめました。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

魚料理: Trout

マチュピチュ村で食べたマスのお料理。
IMG_3132 copy

またまた、マス。
IMG_3067 copy

川がそばを流れているということで、マスはこの地域の魚料理では定番みたい。サケ科ということだけあって、身はサケみたいに赤く美味しかった。ちなみに、マスは英語でtroutと言います。もし、お肉に飽きたーとなったらおすすめです。

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

トマトの枝が。。。

前に書いたように、うちのベランダはちょっとした野菜ガーデン(こちらから小さなガーデン

こちらは、彼君が手塩にかけて育てている野菜さんたち。その中でも、今年のヒットは桃太郎トマト。
20272950_10154883451592399_367623249_o.jpg

そんな彼君、2週間ほど不在です。そして、出発する数日前から水のあげ方の講義を毎日受け、メッセージでも写真を要求してくる入れよう。

そんな、愛情たっぷりのトマトさんに事件が

成っていたトマトが色良くなったので、取ろうと不精して手でグイってしたら、ブチンって音がしたなっなっなんと、太い枝を折ってしまったどうしよー

日本ブログ村に参加しました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| HOME |


 HOME  » Next page